成人式の通知について。今はスマホがあるから便利だよね。

さわこのなんたろー > 注目 > 成人式の通知について。今はスマホがあるから便利だよね。

成人式の通知について。今はスマホがあるから便利だよね。

引越ししたら成人式は引越し先で行くの?地元の成人式に出席したい場合どうする?という疑問があるので、調べてみました。

成人式の案内状は、住民登録をしている市区町村から届きます。
小学校・中学校・高校を地元で過ごし、卒業後に進路のため転居をしたり、家庭の都合で引越しをした場合、ゆかりのない土地での成人式に出席するより、やはり、生まれ育ち青春を過ごした場所で、なつかしい友達と再会したいことと思います。
成人式後に同窓会も開催されるので、出席したい気持ちが強いことでしょう。

「育った地元の成人式には出席したいけど、案内状がないから出席できない。」と諦めず、まずは、問い合わせをしてみましょう。

問い合わせ先は、地域によって成人式の管轄が異なるため、まずは、ホームページで、市区町村の役所の住民課や、教育委員会等の問い合わせ先を調べましょう。
「成人式についての問い合わせをしたい」と、簡潔に申し出ます。公立の小学校、中学校に在籍していたことがあれば、学校名と卒業年度と氏名を申し出られるよう準備しておきましょう。

また、問い合わせ先として、新成人となる方の中から、公募で10名~20名ほどの、「成人式実行委員会」のメンバーを選び、運営を新成人に任せている地方自治体もあり、実行委員会のtwitterアカウントも多く存在します。もし、地元の実行委員会のアカウントがあれば、そこから問い合わせをすると、同級生など既知の人脈があり、身元がわかるため、スムーズに参加できるケースもあります。
問い合わせの期限は、役所の仕事納めが12月28日ですので、年内までに回答がもらえるよう、早めに問い合わせます。
大抵、役所では、半年前の6月より、式典の準備が始められますので、式の数ヶ月前から、問い合わせが可能です。

しましながら、現在はスマホが普及しているので、SNS上で昔の友だちとも繋がっているかたも多いかと思います。だから、スマホ経由で成人式のことを知ることもありますね。

ちなみに、スマホの処分ならお金になる方法を採用したほうがよいですよ。→スマホ処分方法